弁護士紹介

小川隆太郎(おがわ りゅうたろう)
OGAWA Ryutaro

自己紹介

 初めまして。弁護士の小川隆太郎です。外国人事件(入国管理事件など)や行政訴訟事件(難民事件など),労働事件を専門分野としております。

 私の事件に取組む基本姿勢は,『依頼者に寄り添い,共に前進する』というものです。 今どき,インターネットや一般人向けのマニュアル本で調べれば,抽象的な法的問題の「答え」ならいくらでも入手できます。それでも弁護士が必要とされる理由は,事件の個別性にあります。依頼者や相手方,時代背景などあらゆる事件は1つとして同じものはありません。依頼者から話をじっくり聞いて事件ごとの個別事情を調査し,柔軟な発想で法的知識を活用して問題を分析し,世界に1つのその事件における『依頼者にとって最善の解決』を実現する。これはプロでなければ難しいのです。 私はプロとして,依頼者に『寄り添い』しっかりとお話を伺った上で,法的知識・分析力を活かして,依頼者の方が苦しい現状から1歩でも2歩でも『前進』できるような最善の解決方法を提示し,『共に』1つ1つ実現していこうと日々執務に励んでおります。

 皆様のお役にたてるよう精一杯努めてまいりますので,どうぞよろしくお願い致します。

小川隆太郎
経歴等2004~2008 早稲田大学法学部 (2006 オーストラリア国立大学へ留学) 2008~2011 早稲田大学大学院法務研究科 2012 司法試験合格 2013 司法修習生(第66期) 2014~ 東京共同法律事務所入所
専門分野外国人事件(入国管理事件など) 行政訴訟事件(難民事件など) 労働事件(解雇,退職勧奨,労働条件切下げ,残業代請求,労災,不当労働行為など)
所属団体

特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ青年法律家協会国際員会 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 ビルマ弁護団 全国難民連絡協議会 外国人ローヤリングネットワーク 日本労働弁護団 MRI被害弁護団 福島原発被害首都圏弁護団

 

【先輩・同僚・後輩弁護士からのコメント】

 小川弁護士は、国際人権法や行政法、国連人権保障メカニズムなど専門分野の深い識見を備え、国際人権団体ヒューマンライツ・ナウの中心的なメンバーとして培った確かな人権感覚を活かして、外国人の入国管理事件や難民事件、労働事件などの専門分野に取り組んでいます。

 また、それだけでなく、幅広い民事・刑事・行政・商事事件を、依頼者の満足すべき、解決してきた気鋭の若手弁護士です。英語も堪能で、一般民事分野でも英語案件を複数取り扱っています。

 そして、困難な状況にある依頼者の皆さんの、心の痛みを共有し、温かく励ましながら事件を解決に導く心優しい弁護士です。クールヘッドアンドウォームハートの小川弁護士に事件を依頼すれば、あなたの「事件」の最適な「解決」が見つかるはずです。

(海渡より)

ページトップへ戻る